公認会計士になるには

公認会計士とは、国家資格が必要になる職種ですが、その試験について、または仕事内容については、あまり世間一般に知られていません。その理由とは、業務内容が大企業に限られている為です。

試験公認会計士試験とは、沢山ある国家資格の中でも、司法試験に並び難関として知られています。資格をとることで、独占的に監査業務を行うことができ、更に税理士として登録することも可能です。この資格をとることで、様々な仕事への道が開かれることになりますので、キャリアアップを目指す方や、資格をとって将来に生かしたいという方、様々な理由で毎年多くの方が受験に挑んでいます。

まず第一に、短答式試験と論文式試験の二段階で受験をします。短答式試験に合格しなければ、論文式試験を受けることはできません。短答式試験に合格したとしても、受験免除は2年間となっている為、何年もかけて合格という訳にはいかず、時間との勝負であることがわかります。この試験内容は、会計学、監査論、企業法、租税法の4科目と、経営学、経済学、民法、統計学から選択1科目となっています。二段階試験に合格したら、第二ステップとして、2年以上の実務経験が必要となります。現場にて経験を積み、技術や知識をしっかりと身につけます。その後ようやく、修了考査を受けることができ、合格後には公認会計士として登録できます。「効率的な勉強」これが合格への鍵になります。現在、資格講座の利用が増えています。ここでは公認会計士の仕事や講座について説明します。