公認会計士の仕事とは

公認会計士にようやくなれたとして、実際に行える業務とは何でしょうか。あまりその内容について一般的に知られていませんが、日本の経済活動において、とても重要な役割を担っています。

監査公認会計士の独占的な業務として、「監査」業務があります。聞きなれない言葉ですが、これは証券取引所で上場している企業、または、資本金5億円を超えるような大企業は、法律にのっとってきちんと経営がなされているかどうか、監査を受ける義務があります。この監査役を公認会計士は担っており、第三者として独立した立場から厳しいチェック機能として働いています。企業の収支や支出が記入された財務書類について、厳しい目でチェックをし、内容について嘘誤りがないかを確認します。この監査があるおかげで、企業による粉飾決算を防ぐことができています。

粉飾決算とは、決算書に企業が都合の良い数字を書くことで、この粉飾決算は、株主が投資する際に誤った判断を導く可能性があり、経済活動に混乱を招く危険性があります。公認会計士とは、そのような大企業相手に戦わなければいけない重要な任務を任されていることになります。やりがいのある仕事でもありますので、公認会計士を目指す人はこれからも増えると考えられます。

 

資格講座を賢く利用

資格講座の利用公認会計士の仕事は日本の経済活動にとって、重要な役割であることがお分かりいただけたと思います。そのような難しい業務にあたる為には、難関の国家試験に合格する必要がある為、何年もかけて勉強し、受験に挑まれる方も少なくありません。しかしながら、現役学生であればそれも許されますが、社会人として働きながら資格取得を目指す場合は、その勉強方法も、モチベーションを保つことも、容易ではありません。その為には費用をかけてでも、学習環境を整えることが重要なポイントとなります。

専門学校へ行ってしっかり学べるのであれば良いですが、社会人となるとそのような時間はありません。そこで、社会人向けのカリキュラムとして開催されている資格講座の利用がお勧めです。独学では限界があり、毎日学生として過ごすこともできない、そんな方に特化して組まれた受験対策学習となりますので、最も効率的に勉強ができ、公認会計士試験について万全の試験対策になると考えられます。多少費用は必要になりますが、賢く講座を利用することで、長く険しい資格取得への道のりが、かなり前向きに、モチベーションを上げることにも繋がります。ぜひ国家資格を目指そうと検討されているのであれば、資格講座の利用がお勧めです。

参考HP→公認会計士資格講座-資格の大原


公認会計士になるには

公認会計士とは、国家資格が必要になる職種ですが、その試験について、または仕事内容については、あまり世間一般に知られていません。その理由とは、業務内容が大企業に限られている為です。

試験公認会計士試験とは、沢山ある国家資格の中でも、司法試験に並び難関として知られています。資格をとることで、独占的に監査業務を行うことができ、更に税理士として登録することも可能です。この資格をとることで、様々な仕事への道が開かれることになりますので、キャリアアップを目指す方や、資格をとって将来に生かしたいという方、様々な理由で毎年多くの方が受験に挑んでいます。

まず第一に、短答式試験と論文式試験の二段階で受験をします。短答式試験に合格しなければ、論文式試験を受けることはできません。短答式試験に合格したとしても、受験免除は2年間となっている為、何年もかけて合格という訳にはいかず、時間との勝負であることがわかります。この試験内容は、会計学、監査論、企業法、租税法の4科目と、経営学、経済学、民法、統計学から選択1科目となっています。二段階試験に合格したら、第二ステップとして、2年以上の実務経験が必要となります。現場にて経験を積み、技術や知識をしっかりと身につけます。その後ようやく、修了考査を受けることができ、合格後には公認会計士として登録できます。「効率的な勉強」これが合格への鍵になります。現在、資格講座の利用が増えています。ここでは公認会計士の仕事や講座について説明します。